首相例示の根拠に賛否 義務生じず個別法不要/安倍氏国葬

 国葬の法的根拠を巡る論点
 国葬の法的根拠を巡る論点
岸田文雄首相は安倍晋三元首相の国葬の法的根拠について、内閣府設置法と閣議決定を例示し、個別法は必要がないとの立場だ。8日の国会審議で国葬は「国民の権利を制限したり義務を課したりするものではない。別途の根拠法は必ずしも必要がない」とする見解を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録