「普段通り接して」 蛭子能収さん認知症語る

 認知症に関するイベントに出演し、体験を語る蛭子能収さん(右)=11日午後、千葉市
 認知症に関するイベントに出演し、体験を語る蛭子能収さん(右)=11日午後、千葉市
2020年に認知症と診断された漫画家の蛭子能収えびすよしかずさん(74)が11日、千葉市であった認知症への理解を広めるためのイベントに出演し、これまでの体験を語った。現在も男性マネジャーと二人三脚で芸能活動を続けており、「普段通り接してほし.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録