仲間と一緒に歩いて歩いて 東北中でウオーク行事

10キロの道のりを歩き、笑顔でゴールテープを切る生徒
10キロの道のりを歩き、笑顔でゴールテープを切る生徒
東北町立東北中(角田正美校長)の3年生66人が2日、小川原湖畔から学校までの道のりを歩く「東北一道(とうほくワンロード)」を実施した。生徒たちは仲間同士で助け合いながら、10キロの道のりを踏破し、笑顔でゴールテープを切った。 体力づくりや精.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録