はぐらかし・無回答を多用 「謙虚」連発、低姿勢PR/岸田首相の国葬答弁分析

 岸田首相の国葬に関する答弁の特徴
 岸田首相の国葬に関する答弁の特徴
岸田文雄首相の安倍晋三元首相国葬に関する国会答弁を分析した。「批判を謙虚に受け止め、丁寧に説明する」と10回以上連発し低姿勢をPR。ただ野党の質問に正面から答えず、同じ言葉を繰り返したり、論点をはぐらかしたりで、実質無回答が多かった。識者は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録