八戸港、コロナ禍も存在感 振興協会・澤藤会長に聞く

八戸港の現状や今後の展望について語る澤藤孝之会長
八戸港の現状や今後の展望について語る澤藤孝之会長
北東北有数の国際港湾でもある八戸港。2022年のコンテナ貨物取扱量(20フィート換算、空コンテナを含む)は上半期(1~6月)実績で例年並みの2万5千本ほどで推移している。新型コロナウイルスの影響を受けながらも、安定的な取り扱いを継続し存在感.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録