中秋の名月、御前神社で竹あそび/八戸

竹灯籠の明かりが幻想的な空間を生み出した「十五夜の竹あそび」=10日午後6時40分ごろ、八戸市の御前神社
「中秋」に当たる10日、八戸市小中野8丁目の御前(みさき)神社で、恒例の「十五夜の竹あそび」が行われた。この日はあいにくの曇り空だったが、「名月」が顔を出す時間帯も。境内に並んだ700本以上の竹灯籠の明かりが風で揺らめき、参拝客が幻想的な空.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録