五輪開催準備で存在感絶大 森元首相参考人聴取

東京五輪・パラリンピックの汚職事件で、東京地検特捜部から参考人として任意で事情聴取された大会組織委員会の森喜朗元会長は、開催準備で絶大な存在感を放った。国会議員時代に築いた幅広い人脈を生かして政財界やスポーツ界との調整役を担った。 実績の一.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録