【大間原発運転開始延期】プルトニウム消費に影 再処理工場稼働に影響か

運転開始時期が2030年度に延期された大間原発=7月、大間町
運転開始時期が2030年度に延期された大間原発=7月、大間町
電源開発(Jパワー)が運転開始時期を2030年度に先送りした大間原発(大間町)。全炉心でプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を使うことができる大間の延期は、余剰プルトニウムを消費する唯一の手段であるプルサーマルの停滞につながる。六ケ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録