仏像盗んだ男に猶予判決 京都地裁、ヤフオク出品

京都地裁(村川主和裁判官)は9日までに、京都市上京区の立本寺(りゅうほんじ)で昨年5月、仏像「月天子(がってんじ)」を盗んだとして窃盗罪に問われた上京区の無職岡崎尚弘被告(51)に対し、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)の判決を言い渡し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録