“新時代”の作品ずらり 黒潮書道会、八戸で書展

今回の書展では子どもの作品を初展示した
今回の書展では子どもの作品を初展示した
八戸市の書道グループ黒潮書道会(石田和子代表)の第61回黒潮書展が9日、八戸市美術館で始まり、会員の力作が来場者を魅了している。11日まで。 同会では「新しい時代の書芸術の確立」を目指し、会員の個性を大切にしながら書に取り組んでいる。会場で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録