Free子どもの豊かな感性、作品に 十和田で発明くふう展

興味深く作品を見る来場者
興味深く作品を見る来場者

十和田市児童生徒発明くふう展(市教育委員会主催)が9日、市民交流プラザ「トワーレ」で始まり、想像力豊かな工作と絵画計275点が展示されている。11日まで。

 子どもの想像力と表現力を伸ばすことを目的に、毎年開催している。

 今回は市内の小中学校12校から工作の「発明くふうの部」に66点、絵画の「未来の科学の夢の絵の部」に209点の応募があり、特別賞や学年別の各賞が選ばれた。

 新型コロナウイルスや大雨などの災害、暑さ対策といった、さまざまなテーマでアイデアを練った作品が並ぶ。

 時間は午前9時半~午後6時。入場無料。

 特別賞の受賞者は次の通り。(敬称略)
 ◇発明くふうの部
▽青森県発明協会会長奨励賞=北澤眞胡(三本木中3年)▽十和田市発明協会会長賞=佐々木海璃(三本木小1年)▽十和田商工会議所会頭賞=氣仙結菜(同小6年)▽十和田奥入瀬観光機構理事長賞=布施匠翔(同小5年)▽十和田市発明工夫教育研究会会長賞=眞家花奈(藤坂小5年)

 ◇未来の科学の夢の絵の部
▽青森県発明協会会長奨励賞=佐々木愛謝(北園小3年)▽十和田市発明協会会長賞=晴山愛子(三本木小6年)▽十和田商工会議所会頭賞=藤田絆鈴(同小4年)▽十和田奥入瀬観光機構理事長賞=横岡佑汰(南小5年)▽十和田市発明工夫教育研究会会長賞=小島浩平(三本木小2年)

お気に入り登録