根拠、費用説明は従来の域 首相出席も疑問解消遠く/国葬巡り国会質疑

 国葬を巡る国会論議の主なやりとり
 国葬を巡る国会論議の主なやりとり
岸田文雄首相が安倍晋三元首相の国葬を巡る国会質疑に臨んだ。日に日に強まる世論の批判を踏まえ「正面から答える責任がある」と自ら出席を望んだものの、法的根拠や費用に関する説明は従来の域を出なかった。立憲民主党などは政府の「独走」による決定過程や.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録