むつ市一転、むつ湾フェリーの存続協議へ 出資自治体、航路「必要」で一致

青森県の第三セクター「むつ湾フェリー」が運航する、むつ市脇野沢―外ケ浜町蟹田間の航路について、宮下宗一郎市長は8日、従来の方針を転換し、出資する県と13市町村による協議に参加する意向を示した。同日は1回目の担当課長会議が開かれ、同航路は必要.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録