膨大な水プレート滑らせる 地震前、くっつく力半減 東日本大震災の大津波

 東日本大震災の大津波の仕組み
 東日本大震災の大津波の仕組み
2011年の東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)は、発生前にプレート境界に膨大な水が入って滑りやすくなっていたためマグニチュード(M)9の巨大地震となり、大津波が生じた可能性が高いとする調査結果を、朴進午(パクジンオ)・東京大准教授(海洋地.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録