電源綱渡り、事故リスク大 燃料「人質」の懸念も/ザポロジエ原発の状況

 ザポロジエ原発の送電網(イメージ)
 ザポロジエ原発の送電網(イメージ)
ロシア軍が占拠するウクライナ南部ザポロジエ原発では、度重なる砲撃で外部電源を喪失し、非常用のディーゼル発電機も使った“綱渡り”の状態が続いているとみられる。発電機の限られた燃料が「人質」に取られた形になっていることに加え、ロシア軍の支配下に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録