円下落拍車も介入ハードル 政策限られ、金利差拡大

 想定される日米欧中央銀行の動き(写真はロイター、ゲッティなど)
 想定される日米欧中央銀行の動き(写真はロイター、ゲッティなど)
急激な円安に歯止めがかからなくなってきた。米欧の中央銀行は近く大幅利上げを決める方針で、日本との金利差の拡大が円のさらなる下落を招く構図が強まっている。最後に円買いドル売りの為替介入があった1998年6月当時の安値、1ドル=146円台も目前.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録