柔軟な発想で地域活性化 三戸高でSDGsアイデアコン

グループで研究したアイデアを発表する生徒(左)
グループで研究したアイデアを発表する生徒(左)
青森県立三戸高(豊川武伸校長)の2年生が、持続可能な開発目標(SDGs)の視点から地域活性化策を発表するアイデアコンテストが8月31日、同校で開かれた。生徒は魅力発信アニメの制作や廃校リノベーションなど長く住み続けられる地域の実現に向けて柔.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録