種市高に実習用機器寄贈 潜水服メーカーのゼロ(東京) 生徒の安全願い

村上智芳校長(右)にダイブコンピュータを手渡す入江聡彦営業本部長
村上智芳校長(右)にダイブコンピュータを手渡す入江聡彦営業本部長
海洋工事に関する技術習得に力を入れている、岩手県立種市高(村上智芳校長)海洋開発科に対し、潜水服メーカーのゼロ(東京)は8月30日、潜水実習用機器10台(85万円相当)を寄贈した。 同科は、潜水と土木について学ぶことができる全国唯一の学科。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録