【チーノ再開発】八戸市が13・9億円補助 居住促進の波及効果が鍵

三春屋(右)の閉店で空洞化が進む八戸市十三日町。「チーノはちのへ」の再開発事業は中心街再生の鍵を握る=6日
三春屋(右)の閉店で空洞化が進む八戸市十三日町。「チーノはちのへ」の再開発事業は中心街再生の鍵を握る=6日
八戸市十三日町の商業ビル「チーノはちのへ」の再開発構想は、国と市が事業費の一部を支援して事業化される方向となった。建物を解体後、分譲マンション2棟や複合ビルなどに建て替える大型計画で、市は中心街の再開発事業として過去最高額の13億9千万円を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録