車内確認不足、教訓生きず 園児置き去り事件再び 識者「幾重にも対策を」

 昨年8月に政府が安全管理徹底を自治体などに要請した通知文書。乗降時に座席や人数を確認して職員間で共有することなどを求めていた
 昨年8月に政府が安全管理徹底を自治体などに要請した通知文書。乗降時に座席や人数を確認して職員間で共有することなどを求めていた
静岡県牧之原市の認定こども園「川崎幼稚園」に通う女児(3)が、通園バスに取り残されて死亡した。降車時の車内確認が不十分だったとみられる。国は昨年、福岡県で起きた同種事件を受けて安全管理徹底を求める通知を出していたが、教訓は生かされなかった。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録