八戸線の鮫―久慈、存続へ沿線自治体と連携/久慈市議会一般質問

久慈市議会定例会議は6日、一般質問に入り、2会派の代表が登壇した。JR東日本が公表した赤字路線のリストに八戸線の鮫―久慈間が含まれたことについて、遠藤譲一市長は「沿線自治体などと連携し、存続に向け取り組んでいく」と強調した。 八戸線について.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録