【記者席】インパクトを重視? 少子化対策で私案

「3人目以降の出産祝い金に200万円を支給してはどうか」―。5日の田子町議会定例会一般質問で、欠端則夫議員が人口減少対策の私案を披露した。 参考にしたのは、町と交流がある千葉県多古町の施策。多古町では第3子に第1、2子誕生と同様の祝い金のほ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録