物価高、障害者施設にも影 一部自治体は助成金で支援

 東京都中野区の作業所「すばるカンパニー」でクッキーを製造する障害者ら=7月
 東京都中野区の作業所「すばるカンパニー」でクッキーを製造する障害者ら=7月
ロシアのウクライナ侵攻や円安に伴う物価高は、障害者が働く場にも影を落としている。作業所の売り上げが新型コロナウイルス禍で低迷する中、原材料や光熱費の高騰がさらに運営を圧迫。作業の対価である工賃の引き下げを余儀なくされる例もあり、一部の自治体.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録