産直再開へ新管理者選定/野辺地町

野辺地町は5日、長期休業している町の産直施設「のへじ活き活き(いきいき)常夜燈(とう)市場」の再開に向け、鮮魚加工などを手がける「北前船」(同町)を管理運営者に決めたことを明らかにした。同社によると、11月の施設再開を目指している。 同日の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録