【廃液冷却一時停止】当時の条件では沸騰せず 原燃が評価結果

日本原燃は5日、使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)で7月上旬に高レベル放射性廃液貯槽が一時冷却できなくなった問題を巡り、冷却機能が回復せずに温度上昇が続いた場合でも、今回トラブルがあった条件下であれば、廃液温度は発生から約5日後に56度で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録