台風11号、対馬海峡通過へ 九州北部に線状降水帯も

 台風11号の予想進路(5日18時現在)
 台風11号の予想進路(5日18時現在)
大型で強い台風11号は5日、沖縄の北西の東シナ海を北に進んだ。次第に進路を東寄りに変え、5日夜から6日朝にかけて対馬海峡を通過し、日本海を進む見込み。7日には温帯低気圧になるとみられる。気象庁は暴風やうねりを伴った高波、大雨による土砂災害な.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録