東証、一時100円超下落 米株安、ガス供給懸念重荷

週明け5日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は前週末終値を挟んでもみ合った。前週末の米国株式相場が下落したほか、ロシア産天然ガスの欧州向け供給を巡る懸念の高まりが重荷となり、朝方は売り注文が先行した。下げ幅は一時100円を超えたが、午.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録