首相、緊張緩和へ対話姿勢/日中国交正常化50年

 最近の日中関係(写真はAPなど)
 最近の日中関係(写真はAPなど)
岸田文雄首相は、国交正常化50周年を機にした中国との対話に前向き姿勢を示す。ペロシ米下院議長の訪問を受け台湾への軍事圧力を強める中国との間で、緊張緩和を図りたいからだ。最大の貿易相手国である中国との関係安定を求める経済界の意向もある。一方、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録