時評(9月5日)

三沢市中心街を通る県道三沢十和田線の一方通行規制が7月23日に解除され、約半世紀ぶりに対面通行が可能になった。一方通行という不便さが商店街衰退の一因ともいわれてきただけに関係者は歓迎。解除から1カ月以上が経過し、今のところ心配された交通事故.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録