「風呂敷は心も包み込む」 震災きっかけ、普及目指す/札幌

 風呂敷を手に笑顔の横山芳江さん=札幌市
 風呂敷を手に笑顔の横山芳江さん=札幌市
日本古来の風呂敷は、デザインや機能性に優れ、災害時にも役に立つ多様な魅力がある―。こんな観点から国内外で普及を目指す団体が札幌市にある。「日本風呂敷文化協会」の代表理事横山芳江さん(55)にとって、活動の原点は東日本大震災。「風呂敷は人との.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録