原爆投下、変わる米世論 歴史家「否定の声増加」

 取材に応じる米歴史家のガー・アルペロビッツ氏=5月、ワシントン(共同)
 取材に応じる米歴史家のガー・アルペロビッツ氏=5月、ワシントン(共同)
米ニューヨークの国連本部で開かれた核拡散防止条約(NPT)再検討会議は決裂し、核保有国が「核兵器を二度と使わない」という意思確認さえできなかった。歴史上唯一、核を実戦使用した米国で市民は、広島、長崎への原爆投下をどう受け止めているのか。米歴.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録