次世代型原発、実用化に課題 「負の遺産」避けて通れず

 主な次世代型原発
 主な次世代型原発
岸田文雄首相は将来の電力安定供給に向け「次世代型原発」の開発と建設に言及した。国内外で高速炉や小型モジュール炉(SMR)、高温ガス炉が次世代型として研究されているが、実用化には課題が残る。使用済み核燃料や廃棄物など、避けて通れない「負の遺産.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録