Free22年上半期の火災8件/おいらせ消防署管内

4月3日においらせ町の町道で軽乗用車1台を全焼した車両火災。けが人はいなかった
4月3日においらせ町の町道で軽乗用車1台を全焼した車両火災。けが人はいなかった

おいらせ消防署(五戸善行署長)は、同署管内の2022年上半期の火災と救急・救助の概要をまとめた。火災は前年同期と同じく8件で、救急出動は600件(前年同期比45件増)、救助出動は3件(増減なし)だった。

 火災種別は建物3件、車両3件、その他2件で、その他は2件とも枯れ草火災だった。火災による死者はなく、負傷者は1人だった。損害額は438万1千円増の950万8千円。出火原因は電気機器2件、火入れ、配線器具などが各1件だった。

 火災の発生は4月に4件、6月に2件、3、5月に各1件だった。同署は火災注意報発令期などの警戒巡回のほか、4、5月の枯れ草火災多発期に巡回を実施した。

 救急の1日の平均出動は3・3件。急病が454件と最多で、一般負傷63件、交通事故43件と続いた。

 救助出動の内訳は交通事故2件、火災1件だった。

 おいらせ町内の家庭用火災報知器の設置状況(4月時点)は77・6%で、青森県内の79・2%を下回った。同署は「設置や維持管理、更新に努め、建物火災で逃げ遅れないよう対策を進めてほしい」と呼びかけている。

………………………………………

※地域のニュースはデーリー東北で。まずはアプリをダウンロードしてお試しください。無料コンテンツもたくさんあります。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録