【米大リーグ】2年連続MVPへ大谷猛追 ジャッジとの争い白熱

 8月31日、ヤンキース戦で逆転の30号3ランを放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
 8月31日、ヤンキース戦で逆転の30号3ランを放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
米大リーグでア・リーグの最優秀選手(MVP)争いが白熱してきた。当初はメジャートップの51本塁打でタイトル争いを独走し、東地区で首位に立つヤンキースのジャッジが優勢だったが、エンゼルスの大谷もメジャー史上初の「10勝・30本塁打」で2年連続.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録