立民、対立路線転換で政権追及 閉会中審査が試金石

 立憲民主党の国会戦略の変化
 立憲民主党の国会戦略の変化
立憲民主党の新執行部が、国会戦略の転換に動いている。参院選敗北を踏まえ、先の通常国会で泉健太代表が掲げた「政策提案路線」から「対立追及路線」へ軌道修正。野党が関係省庁に行う「野党合同ヒアリング」を事実上復活させたほか、一致できるテーマごとに.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録