軽症者の置き去り懸念 全国一律運用へ試金石/全数把握の簡略化

 新型コロナウイルスの軽症者らへの対応のイメージと懸念
 新型コロナウイルスの軽症者らへの対応のイメージと懸念
新型コロナウイルス感染者の「全数把握」時の手間を簡略化し、医療機関から保健所への報告を高齢者らに限定する新たな仕組みが宮城など4県で始まった。「第7波」での感染者の爆発的増加を背景に、現場の負担を軽減する狙いだ。先行スタートは、今後の全国展.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録