大間原発の工事開始延期へ 24年後半で調整

大間町で建設中の大間原発について、事業者の電源開発(Jパワー)が安全対策工事の開始時期を2022年後半から2年程度延期し、24年後半とする方向で調整していることが2日、関係者への取材で分かった。新規制基準の適合性審査が長期化しているのが理由.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録