原告側、生活困窮の実情訴え 青森地裁で口頭弁論/生活保護訴訟

国による生活保護の基準引き下げは生存権を保障した憲法に違反するとして、八戸、青森両市の受給者4人が引き下げ取り消しを求めた訴訟の口頭弁論が2日、青森地裁(鈴木義和裁判長)であり、原告の八戸市の女性らが出廷。支給額の引き下げにより生活が困窮し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録