全数把握簡略化4県で開始 コロナ発生届の対象限定

新型コロナウイルス感染が確認された人の「全数把握」の方法を簡略化する新たな仕組みが2日、宮城、茨城、鳥取、佐賀4県で始まった。発生届の対象を高齢者らリスクの高い人に限定し、感染者の情報を入力する医療現場の負担を軽減する狙い。若い軽症者らは保.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録