【新型コロナ】政府、病床確保拒否に罰則 水際、帰国者の報告強化

 新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、あいさつする岸田首相(左から2人目)=2日午前、首相官邸
 新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、あいさつする岸田首相(左から2人目)=2日午前、首相官邸
政府は2日、新型コロナウイルス感染症対策本部を首相官邸で開き、新たな感染症危機に備える総合的な方針を決定した。地域の中核病院などが都道府県との事前協定に反し、病床確保や発熱外来開設を実施しない場合の罰則導入が柱。水際対策で自宅待機状況を報告.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録