時評(9月2日)

「世界のパン籠」といわれるウクライナが戦場化し世界の穀物価格が急騰、日本もパンや麺などの店頭価格や外食が軒並み値上がりしている。 暮らしへの影響が深刻化する中で、農林水産省は今秋から農業政策の基本となる「食料・農業・農村基本法」の見直しを始.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録