ホタルイカの光で早期診断 糖尿病腎症、富山大が研究

 発光のイメージ
 発光のイメージ
富山県特産のホタルイカの光が医療に役立つのでは―。富山大の石本哲也助教(51)らの研究グループは、糖尿病の合併症「糖尿病腎症」の早期診断にホタルイカの発光物質「ルシフェリン」が利用できることを発見した。分子神経科学が専門の石本助教は「医療分.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録