八戸駅で総合防災訓練 地震想定、初動体制など確認

訓練で車いす利用者を避難させる参加者
訓練で車いす利用者を避難させる参加者
JR東日本盛岡支社は1日、八戸駅で総合防災訓練を行った。同社や同駅、八戸警察署などから参加した約60人が、地震発生時の初動体制や救助救命活動などの対応を確認し、防災への意識を高めた。 9月1日の防災の日に合わせて実施。岩手県内陸を震源とする.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録