間伐材、地域経済にどう生かす 新郷で八学大生が林業体験

間伐材の伐採作業を行う学生
間伐材の伐採作業を行う学生
新郷村西越の山林で26日、八戸学院大地域経営学部の学生らが林業を体験する授業が行われた。学生らは作業を通じて、間伐材を村内で使用可能な地域通貨に換金する「木の駅プロジェクト」の流れを実体験し、村の木材で地域経済を活性化させる仕組みを学んだ。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録