廃校活用でにぎわい創出 懐かしさ残しリノベーション/洋野、階上

洋野町のおおのパン工房は、旧水沢小校舎の理科室だった場所でパンを製造する
洋野町のおおのパン工房は、旧水沢小校舎の理科室だった場所でパンを製造する
廃校活用の動きが北奥羽地方の町村部で進んでいる。かつての学びやは観光や産業活性、雇用拡大の場として生まれ変わり、地域活性化につながっている。少子化で学校の統廃合が進む中、残された旧校舎と敷地の再生が地域振興の鍵となりそうだ。 洋野町は昨年1.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録