里の大樹~世代を超え~/小松家のイチイ(階上町)

樹皮から古木らしさが感じられる「小松家のイチイ」=8月
樹皮から古木らしさが感じられる「小松家のイチイ」=8月
階上町道仏耳ケ吠の「小松家のイチイ」は、推定樹齢300年という年月を感じさせる樹皮をもつ。並木になっており、町道から眺めることができる。幹回りは3・1メートル、樹高10メートル。初秋に付ける赤い実は食用になるが、種子や葉は有毒成分を含む。 .....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録