核の脅威、岐路に立つ軍縮 被爆者の願い、問われる日本/広島原爆の日

 被爆者団体代表らと面会する岸田首相(左列手前から2人目)=6日午前、広島市
 被爆者団体代表らと面会する岸田首相(左列手前から2人目)=6日午前、広島市
ロシアのウクライナ侵攻で核の脅威が現実となる中、広島は原爆の日を迎えた。核軍縮を巡り世界は岐路に立たされ、米国で開かれている核拡散防止条約(NPT)再検討会議では緊迫した交渉が続く。「命あるうちに核なき世界の実現を」と願い、国内外で体験を伝.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録