安倍派の処遇焦点に 旧統一教会との関係足かせ/内閣改造・自民役員人事

 旧統一教会と関わりが判明した安倍派議員
 旧統一教会と関わりが判明した安倍派議員
岸田文雄首相が10日踏み切る内閣改造・自民党役員人事で、安倍晋三元首相が率いた安倍派の処遇が焦点になっている。政権安定のためには、100人近い最大派閥に一定の配慮が必要。一方、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と関わりが判明した議員は安倍派.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録