身近な現象、興味津々 「科学の祭典」八戸大会が開幕

表面張力を利用した「練りはみがきで動く船」の体験を楽しむ参加者ら
表面張力を利用した「練りはみがきで動く船」の体験を楽しむ参加者ら
「青少年のための科学の祭典2022」八戸大会が6日、八戸市福祉公民館と福祉体育館で開幕した。参加を申し込んだ子どもたちが物体の運動や電気などの身近な現象に触れ、自然科学への関心を高めている。 実行委員会などが1996年度から続ける、子どもた.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録