【インターハイ】悔しいレシーブミス/バレー男子の弘前工

【バレーボール男子決勝トーナメント2回戦・弘前工―松本国際(長野】第2セット、弘前工は鳴海魁馬(中央)がスパイクを決め、4―4とする=香川県善通寺市民体育館
【バレーボール男子決勝トーナメント2回戦・弘前工―松本国際(長野】第2セット、弘前工は鳴海魁馬(中央)がスパイクを決め、4―4とする=香川県善通寺市民体育館
予選で接戦を制し、決勝トーナメントに臨んだ弘前工だったが、初戦で相手の速い攻撃に対応できず、無念のストレート負け。春藤裕和監督は「大事な場面でのレシーブミスが多かった。もっといい戦いができたはずだ」と内容に不満げだった。 守りで精彩を欠いた.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録